カリキュラム

CURRICULUM

豊かな人間性と
地域社会における保健・医療・福祉を
つなぐ『看護力』を育成するカリキュラム

1年次

前期 後期

基礎教育科目

思考力養成
  • 情報処理法
  • 情報活用法
  • 問題解決法
表現力養成
  • 英語Ⅰ
  • 日本語Ⅰ
  • 日本語Ⅱ
  • 英語Ⅱ
  • 日本語Ⅲ
人間力養成
  • 地域活動論
  • コミュニケーション論
社会力養成
  • キャリアデザインⅠ
人間の理解
  • 発達心理学
  • 健康スポーツⅠ
  • 生命倫理学
  • 健康スポーツⅡ
社会の理解
  • 自然環境論
  • 日本国憲法
  • 福祉と保障
学習力養成
  • スタディスキルズ
  • ◇看護教育のための生物学
  • ◇看護教育のための化学

専門基礎科目

人体の構造と機能
  • 人体の構造と機能Ⅰ
  • 人体の構造と機能Ⅱ
  • 人体の構造と機能Ⅲ
  • 栄養学
健康と社会のシステム
  • 保健医療福祉行政論

専門科目

看護の基本
  • 看護学概論
  • 看護援助論
  • 基礎看護技術演習Ⅰ
  • 基礎看護学実習Ⅰ
  • チーム医療論
  • 基礎看護技術演習Ⅱ
地域社会と看護
  • 地域包括ケア論
  • 公衆衛生看護学概論
  • 必修科目
  • 選択科目
  • 保健師必修科目
  • 養護教諭二種必修科目
  • ◇卒業要件に含まない選択科目

2年次

前期 後期

基礎教育科目

社会力養成
  • キャリアデザインⅡ
人間の理解
  • 歴史と文化

専門基礎科目

人体の構造と機能
  • 感染免疫学
疾病の成り立ちと回復促進
  • 薬理学
  • 疾病治療論Ⅰ
  • 疾病治療論Ⅱ
  • 疾病治療論Ⅲ
  • 疾病治療論Ⅳ
  • 疾病治療論Ⅴ
健康と社会のシステム
  • 公衆衛生学
  • 保健統計学
  • 疫学

専門科目

看護の基本
  • 基礎看護技術演習Ⅲ
  • 基礎看護学実習Ⅱ
生涯発達と看護
  • 成人看護学概論
  • 成人看護援助論Ⅰ
  • 成人看護援助論Ⅱ
  • 老年看護学概論
  • 小児看護学概論
  • 母性看護学概論
  • 精神看護学概論
  • 成人看護援助論Ⅲ
  • 老年看護援助論Ⅰ
  • 小児看護援助論Ⅰ
  • 母性看護援助論Ⅰ
  • 精神看護援助論Ⅰ
地域社会と看護
  • 在宅看護学概論
  • 公衆衛生看護活動論Ⅰ
  • 災害看護論
  • 在宅看護援助論Ⅰ
  • 公衆衛生看護活動論Ⅱ
  • 公衆衛生看護支援技術
  • 必修科目
  • 選択科目
  • 保健師必修科目
  • 養護教諭二種必修科目
  • ◇卒業要件に含まない選択科目

3年次

前期 後期

基礎教育科目

思考力養成
  • 統計分析法

専門科目

看護の基本
  • 看護倫理
生涯発達と看護
  • 老年看護援助論Ⅱ
  • 小児看護援助論Ⅱ
  • 母性看護援助論Ⅱ
  • 精神看護援助論Ⅱ
  • 成人看護学実習Ⅰ
  • 成人看護学実習Ⅱ
  • 老年看護学実習Ⅰ
  • 老年看護学実習Ⅱ
  • 小児看護学実習
  • 母性看護学実習
  • 精神看護学実習
地域社会と看護
  • 在宅看護援助論Ⅱ
  • 地域診断論
  • 健康教育論
  • 災害看護活動論Ⅰ
  • 在宅看護学実習
看護の統合と実践
  • 看護学研究法
特論
  • 家族看護論
  • 必修科目
  • 選択科目
  • 保健師必修科目
  • 養護教諭二種必修科目
  • ◇卒業要件に含まない選択科目

4年次

前期 後期

基礎教育科目

表現力養成
  • 日本語Ⅳ
  • 韓国語
  • 中国語
人間力養成
  • リーダーシップ論
社会力養成
  • キャリアデザインⅢ
人間の理解
  • 民族と宗教
社会の理解
  • 経済と政策
  • 国際ボランティア論

専門基礎科目

疾病の成り立ちと回復促進
  • 病理病態学
健康と社会のシステム
  • 看護関係法規

専門科目

生涯発達と看護
  • 成人看護学実習Ⅲ
地域社会と看護
  • 公衆衛生看護活動展開論実習
  • 個人・家族・集団・組織の支援実習
  • 災害看護活動論Ⅱ
看護の統合と実践
  • 看護管理論
  • 国際看護論
  • 統合実践演習
  • 統合実践実習
  • 看護課題研究(通年)
  • 看護情報論
  • 医療安全論
  • 看護実践力演習
特論
  • へき地看護論
  • リハビリテーション看護
  • 緩和・ターミナルケア看護論
  • 認知症ケア論
  • 必修科目
  • 選択科目
  • 保健師必修科目
  • 養護教諭二種必修科目
  • ◇卒業要件に含まない選択科目

基礎教育科目

「情報処理法」「発達心理学」「生命倫理学」など幅広い分野を学びます。「歴史と文化」では長岡の特徴を活かした学びもできます。 また、「英語」「中国語」「韓国語」「国際ボランティア論」などを通して国際感覚を磨きます。養護教諭二種免許状取得に関連する科目も含まれます。 幅広い分野の学びが教養を身に付けた人間力を育みます。

基礎教育科目

専門基礎科目

「人体の構造と機能」「疾病治療論」「薬理学」などで人間の体の仕組みや病気の成り立ち、検査や治療を専門的に学び、看護職の専門性の基盤をつくります。 また、「公衆衛生学」や「保健統計学」などの学びを通して「地域」を理解する基礎をつくります。

専門基礎科目

専門科目

看護の基本
看護とは何か、看護の意義や役割について学びます。人間を温かく、かつ専門的に看る心と知識・技術を「看護学概論」「看護援助論」「基礎看護技術演習」「基礎看護学実習」などを通して学びます。また、「チーム医療論」「看護倫理」などの科目を学び、プロフェッショナリズムを育みます。
生涯発達と看護
あらゆる世代の人々の看護を、重症の人から健康な人の病気の予防まで様々な状況に応じて学習します。 「成人看護学」「老年看護学」「小児看護学」「母性看護学」「精神看護学」の5つの分野に分けて 概論から具体的な看護の方法まで、学内での講義、演習、病院や施設での実習を通して学びます。
看護の統合と実践
学んできた知識や技術をさらに発展させるために、「看護管理論」「看護情報論」「医療安全論」「国際看護論」を学びます。そして、「統合実践実習」や「看護実践力演習」で卒業後に求められる実践力を高めるとともに、看護研究の基礎を学ぶ「看護課題研究」にも取り組みます。
特論
学生の興味・関心に応じた専門性の高い看護の知識を深めるための科目を学びます。「家族看護論」「へき地看護論」「緩和・ターミナルケア論」「認知症ケア論」「リハビリテーション看護」といった選択科目が設定されています。
地域社会と看護
これからの看護職は病院だけでなく、在宅、保健機関、福祉施設等でリーダーシップを発揮することが求められています。「地域包括ケア論」では当学園グループの施設であるこぶし園の取り組み等から、全国でも先駆的なケアシステムが学べます。また、新潟県中越地震、中越沖地震の体験を踏まえた中越地域ならではの「災害看護論」などが学べます。「在宅看護学」や保健師課程の科目も含めて、これらの特徴ある科目群から地域をつなぐ看護力を育みます。
このページのトップへ