大学概要

INFORMATION

隣接する施設と連携し
保健・医療・福祉の現場を肌で感じながら
深く、広く、実践的に看護を学ぶ。

医療・福祉活動を幅広くサポートする施設が集まる「長岡医療と福祉の里」。
ここに長岡崇徳大学が新設します。
医療と福祉の現場を身近に感じながら実践的に学ぶ-
それは、ただ教えてもらうだけの環境より医療・看護への道に一歩近い環境といえます。
この地だからこそ学べるすべてを4年間かけて吸収することで、
高度な看護の実践者としてこれからの地域医療に貢献できる人材を育成します。

教育の目的

EDUCATIONAL PURPOSE

本学は、生命の尊重を基盤とした豊かな人間性と高い倫理観を身につけ、専門的知識と医療技術を備えた人材を育成します。 多職種と連携・協働して地域社会の保健・医療・福祉の向上に貢献できる看護専門職者を育成する教育を行います。

長岡崇徳大学について

ABOUT

新設校でありながら、確かな実績をもつ中越地域初にして唯一の看護大学
大学を運営する学校法人悠久崇徳学園は長岡看護福祉専門学校(看護学科・介護学科)および上越看護専門学校(看護学科)を運営しています。 開学以来、長年にわたって、地域社会に貢献できる医療・福祉サービスの実践者を育成してきました。 それらの看護教育の実績を受け継ぎ、高い資質・能力のある看護専門職者を育成する本学は、中越地域唯一の看護大学として、中越地域の保健・医療・福祉の拠点となる開かれた大学をめざします。

長岡医療と福祉の里グループ

MEDICAL CARE AND WELFARE

ネットワーク図

長岡医療と福祉の里グループは、学校法人悠久崇徳学園を含めた6法人で構成されるグループの総称です。 病院・福祉施設等により構成され、全国に先駆けて、「地域包括ケアシステム」を実践しており、職員数は3,000名余にのぼります。 その中で、長岡崇徳大学は、人材育成の役割を担います。

このページのトップへ